Windows8 consumer preview

というわけで、一つ前のエントリーに書いたVMware Fusion4を使ってWindows8 consumer previewをインストールしました。

Windows8そのものは会社で何度かみたことがあるのですが、自分でインストールしてみるのはこれが初めて。技術の仕事してる時は、こういうの真っ先に入れてたんですけどね^^;

一言で言うと、Windows7にメトロのホーム画面をかぶせましたみたいな状態。デスクトップ環境を選択すると今まで通りのWindows7のデスクトップが出てきます。VMwareで動かしている(つまり元はMac)せいか、おそらくMacのガンマ値で動いているらしくくすんだ色目に見えます。

そのせいもあってか、やや貧乏臭く見える(苦笑)。本格的にタッチで操作できるようになれば威力を発揮するのかもしれませんが、現在の状況では無理矢理感が否めない。

Windowsの歴史でいうと…

◯Windows95 ←出来はともかく普及させたという意味で…
△Windows98
◯Windows98 Second Edition
×WindowsMe
◯WindowsXP
×WindowsVista
◯Windows7
×Windows8

と交互に来る筈なので、多分Windows8は失敗でしょうね(笑)。特にMicrosoftがUIを大幅に変えて来た時にはロクなことがないから…

Windows9に期待しましょう。もっとも、会社以外では使わないけど(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です