MacBook Pro Retina 13 inchを買いました

MacBook Pro Retina 13inch

増税前の駆け込み、というわけではないのですが買いました。
これまで使ってたMBPは、Mavericksになってからは応答が止まることも多く、VMWare + Windows環境もほぼ使い物にならない状態でしたので、そろそろ買い替えたいなと。

性能的にはAirでもいいかなと思っていましたし、Airなら鞄にも入れやすいので、持ち歩いてドヤ顔できるなと思っていたのですが、Retina Displayなら解像度を変更して広く使うこともできるので、そこに引かれてProに決定と相成りました。

Retina 13inchの標準解像度は1280×800。一段階拡大すると、1440×900でAirと同等。もう一段階拡大すると1680×1050で、かなり広く使えます。もちろん拡大しても表示が粗くなることもなく、滑らかです。ただ、1680×1050だとかなり文字が小さくなり、そろそろ厳しい年頃でもあるので、普段は1440×900で、必要に応じて広げて使うつもりです。

表示が細かいと全体的にマットな感じになり、文字や画像が紙に印刷されたように見えます。Mac OS Xが出てきた時にも同じ印象を受けましたが、これがさらに進歩した感じ。写真も美しく表示され、立体感が感じられるようになりました。

ProとAirの厚さを比較すると、ヒンジ部分の一番厚い部分同士を比べるとほぼ同じ。もちろん、Airの方がそれ以外の部分が薄くなっているので全体的には薄いのですが、自分としてはこれだけ薄ければProでも十分、意味もなく持ち歩いてみたいと思います。 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です