ここ2日ほどかけて、サイトをリニューアルいたしました。といっても見た目にはほとんど変わっていません。中身というか制作環境をリニューアルし、それに必要な内部的な変更を施しました。なので、見た目はほとんど変更無しです。

これまでは中身の編集をテキストエディタで、テンプレートの編集と反映をGoliveでやってきたのですが、Goliveがたま(?)にソースを壊すことがあったり、動作が遅いので辟易していたのですが、さるお方にJedit Xの置換機能を使えば良いということを教えていただいて、さっそくJeditの機能をチェック、使えそうだったので早速制作環境を移行することにしました。移行にあたって一番大きな問題はソースを相対パスで書いていたこと。左側のメニューの部分も相対パスなので、階層によってHTMLのソースが違っていたのです。これではメニューに変更があった時に各階層ごとに置換をかけなければならず、とても面倒なことになります。これはメニュー以外の部分にもありました。

そこで、共通部分については絶対パス指定に書き換える作業から始まり、JavaScriptでGoliveのスクリプトライブラリを使っていた部分を自作のスクリプトに書き換え、はてはページ確認用にローカルApacheの設定変更までを行い、環境変更=リニューアルとなりました。これでGoliveとはおさらば、たった今HDDから消えていきました。もうバージョンアップを悩まなくてすみます。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation