9月8日(現地7日)に発表されたiPod nanoの実物をAppleStore心斎橋で見てきました。

主力商品のminiを販売終了にして完全リプレースになったiPod nano。Appleは何を考えてるのか?と思いましたが、実物を見て納得。iPodの質感をそのままに薄く細くした感じで質感は悪くないし、その薄さはやっぱり驚異的。カラーも白と黒しかありませんが、オプションのケースを使えばカラーを楽しめるし、そもそもケースに入れて使うことを考えれば本体に色は必要無し。

これまでの流れから考えてすぐにサードパーティからいろんなケースが出てくるだろうから、サードパーティにそういった道を残しておくという意味でもカラーバリエーションが無いのは正解かもしれない、とも言えるように思います。shuffleの時のように品不足というわけでもなくて、買ってるお客さんも多数いました。miniの時には欲しいと思わなかったけれど、これは欲しいです。マジで。

一方、同じ日に発表となったSONYのウォークマン。従来使っていた”ネットワークウォークマン”ではなくて、ブランド名をカセットテープ時代の”ウォークマン”に変更だとか。商品デザインの方も従来のものとは異なり、出るたびに形が変わってるウォークマンは、基本的に同じデザインを踏襲しているiPodとは対象的です。楽曲の管理ソフトは、使いにくいと悪評ばかりだったSonicStageからCONNECT Playerに変わり、これがまたiTunesによく似ています。

ことデジタルオーディオプレイヤーに関しては迷走を続けている感があるSONYですが、圧倒的なアイデンティティを持っていたウォークマンと違って、今のウォークマンは完全にアイデンティティを持つことができていません。いっそのこと、ウォークマンという名前を使わずに居た方がよかったのではないか?その方がウォークマンのブランドが傷つかなかったのではないかと思ってしまうほど。iPodユーザーにはどうでも良い話なんですが、その昔ウォークマンに憧れた世代にとっては微妙な感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation