もうすぐリリース候補版がでる次期Windowsバージョンの”Windows7″で、Windows XPの互換機能は仮想マシンとして提供されるのだとか。

今まではOSの中に組み込んで実行ファイルに対するプロパティで、どのモードで起動するか選ぶようになっていたけれど、仮想マシンでの実現なら切り離すことが出来るので開発も用意になるだろうし、OSそのものがシンプルになるだろうね。

もっとも、いつまでXPに頼るのか?MacみたいにCPUの変更(PowerPC -> Intel)みたいな目に見えて違う大きな変更が無いWindowsの世界では区切りをつけにくいかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation