Macの新しいOS、”Mac OS X 10.4 Tiger”とiPodの意外な共通点を発見しました!
って、そんな大げさなものではないのですが、Tigerの目玉機能の一つに”spotlight”という機能があります。これはテキスト、pdf、画像等のファイルやメールのメッセージ等Mac内の情報をキーワードで検索できる
というもので、Windowsで言うとgoogleが開発した”googleデスクトップ”等が機能的には近いものになります。
この”spotlight”を使うとあらゆる情報から希望のデータを検索できるのですが、昔のメールや10年近く昔のパソコン通信時代のログファイルにヒットすることもしばしば。懐かしい情報に思わず読み入ってしまうこともしばしば。

既視感といいますか、この感覚ってどこかで感じたことがあるなぁと思っていたのですが、思えばiPodのshuffle機能がこれに近いものがあります。ずっと聴いてなかった曲に突然出会うってのもshuffle機能の面白いところ。

目的も方法も全く違う2つの機能ですが、”enjoy uncertainty”がAppleの最近のテーマなのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation