あなたの本を黒歴史にしない!夢を叶える電子出版

大阪の勉強会「Wisdom Sharing WorkShop(知恵の共有のワークショップ、通称:ウズウズ)」から出版されたKindle本、個人で電子書籍を書くために、どんなことを考えるべきか?がテーマの本です。

本書では、電子書籍、特にamazonの”Kindle Direct Publishing”での出版を念頭にしていますが、KDPで本を出す方法ではなく、「本を書くためにはどんなことを考えなければならないか?」が解説されています。

つまり、紙の本を書くにしても、出版じゃなくてblogを書くにしても参考になる内容になっていると思います。誰に向けて、どんなテーマで書くかということは、なかなかひとりで適切な答えを導きだすのは難しいものですが、本書を読めば基本的な考え方は理解できます。

それでも、いざ自分の本のテーマやターゲットを決めるとなると自分だけでは難しい。本書にも出てくるグループ出版というのが、個人出版の形としては良いように思いました。

自分もいつか(そう遠くない将来)に本を出したいなぁ、とちょっと思ってます。本を読む環境だけじゃなくて、出版する環境も提供しているのがamazonの強みですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation