Superfylの4枚目のアルバムです。初回限定盤では、まったく同じ曲のライブ盤の2枚組。ライブの方はファンクラブ限定のライブを収録したものです。そのライブも行って来た自分にはなかなか思い入れが深い(その時のエントリーはここ)

こういうのって、本当にいい出来だと思えないとやれないと思うんだけど、本当に全曲良いアルバムです。
ライブで初めて聴いた曲は、ライブでないと物足りない感が出ることもあるんだけど、それがない。

でもやっぱり、ライブがカッコいいしライブ盤の方を聴いてしまうんだけどね ;-p

あ、7月の時点で仮タイトルだった2曲のうち”Nitty Gritty”はそのまま本タイトルに、”志保Ballad(仮)”は”終焉”ってタイトルになってます。

  1. Force
  2. Nitty Gritty
  3. No Bandage
  4. 輝く月のように
  5. 愛をくらえ
  6. 終焉
  7. 平成ホモサピエンス
  8. Get High!!〜アドレナリン〜
  9. 919
  10. The Bird Without Wings
  11. スタンディングオベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation